室優哉

2000年ストリートダンスの講師として活動中に暗黒舞踏とメタルパーカッションに衝撃を受け、インドの打楽器タブラに転向。

日本ではU-Zhaan氏、インドではパンジャブ流派若手筆頭Aditya Kalyanpur氏を師事。